読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全身麻酔初体験

  全身麻酔初体験。人生で過去、2回入院して手術を受けたことがあるが、このたび全身麻酔下での手術を初めて経験した。硬膜外麻酔後に、「眠くなる薬を入れます」と聞いたのが最後。あっという間に眠ってしまったようで、「手術、終わりましたよ」の言葉で覚醒。一瞬、時間感覚がわからなくなった。
  実はこのたび、博多のおだクリニックで右外そけいヘルニアの手術を受けた。今春、右下腹部が腫れてきて、最初、何だろうと思っていたら、そけいヘルニアであった。その後、3、4ヶ月は何もなかったが、そのうち、時々歩けないほどの激しい痛みが出現するようになった。咳や排便の際には右下腹部を押さえておかないといけなくなった。加齢により破れたそけい部の筋膜から腸が脱出する病気である。やっと手術を受けることを決断した。日帰り手術であること、自分の仕事のスケジュールに合わせた日程が組めること、手術症例数が多く、その技術が高く評価され、院長が絶対的自信を持たれていること、そけいヘルニアに関する論文が日本臨床外科学会の平成27年度優秀論文賞を受賞されているといった理由から、博多のおだクリニックを選んだ。
  こじんまりした、街の歯医者さんくらいの待合室。数人程度しか座る場所はない。待合から歩けばすぐ手術室。11月6日日曜午後に初診と検査。翌日午前中の入院、手術であった。小田院長は午前中に6、7件の手術を行い、その合間に外来診療をされている。とにかく手術時間が短い。私の場合、18分であった。そけい部の筋膜に2個の穴があいており、手のひら程度の大きさの形状記憶型人工メッシュシートを穴のあいた筋膜の下に滑り込ませるクーゲル法と言われる術式である。再発と合併症が少ないらしい。創部は生体用瞬間接着剤を使うため、抜糸と消毒が不要である。術後4時間の絶対安静がしんどかったが、午後4時には歩いて退院でき、目の前のホテルに宿泊。近くで夕食をすませ、その後数時間は痛みでかなりきつかったが、手術の翌朝(今日11月8日)の再診時にはずいぶん楽になっていた。まだ通常どおり動けるにはほど遠いが、なんとかなるだろう。
  ドラマチックな日帰り手術外科の治療を身をもって体験した。本当にありがたかった。市内の病院ではなく、おだクリニックを選んで正解だった。

広告を非表示にする